正中線の原因

正中線の原因は女性ホルモンの乱れによる色素沈着

 

妊娠や産後にできる正中線はママのお悩みのひとつです。

 

お腹に1本の黒い線が入ってしまう為、水着を着て海やプールに行くことができなくなってしまいます。何より出産をしたママであろうとキレイにいたいと思う気持ちは変わりありません。

 

正中線は自然と消えることも多い、産後のママの悩みではありますが、必ずしも消える訳ではなくきちんとケアをした方が良いです。そのためにはまず原因を正しく理解することがッ重要となってきます。

 

妊娠をすることによって女性ホルモンが乱れる為、色素沈着がしやすいからだとなるので、妊娠したらできる肌トラブルと考えた方が良いです。

 

 

妊娠するとメラニンが分泌され色素が沈着しやすくなる

 

妊娠をすることによって女性ホルモンの分泌量が乱れてしまいます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、常に分泌量が異なってきます。妊娠をする前は一定の周期によってホルモンの分泌量を変化させています。

 

しかし、お腹に胎児ができると普段のバランスとずれた分泌をするようになります。そのため、肌機能が損なわれてしまうので乾燥をしやすく、ターンオーバーが正常に行われないようになります。

 

メラニンが分泌される原因は肌へ与えられた刺激です。乾燥をすることによってバリア機能が弱まり、刺激を軽減することができないのでメラニンが過剰に作られることになります。そして、ターンオーバーが正常に行われないので分泌されたメラニンを外に排出できず、肌に残ったままとなります。

 

そのため、妊娠をすると色素沈着がしやすくなるのですね。

 

妊娠をすると正中線にメラニンが付着をする

 

お腹に黒ずみができることを正中線と呼ぶことも多いですが、もともとからだの中央に沿って入っている線を正中線と呼ぶのが正しいです。

 

妊娠をすることによって分泌がされたメラニン色素が正中線にそって肌に付着をします。そのため、お腹に黒ずみが1本できてしまうのですね。

 

正中線ができる原因は女性ホルモンが乱れることでメラニン色素が過剰に分泌されるようになり、色素沈着をするためとなります。

 

正中線を消す為のケアは美白をする

 

すでに正中線ができてしまったのであれば美白をするのが効果的な方法となります。

 

美白成分によってメラニンの生成を抑制することができます。産後すぐに女性ホルモンの乱れが正常になる訳ではないので、メラニンが作られるのを予防する必用があるのですね。予防は必要ないと間違った認識でいるといくらターンオーバーが行われても黒ずみができてしまうので消すことはできません。

 

すでに色素沈着をしたメラニンを除去するためにも保湿ケアをすることが必要となります。

 

保湿をすることによってターンオーバーが促進され、古い皮膚を外に排出して新しい皮膚を作りだすようになります。メラニンのみを除去することはできないので、色素沈着をした皮膚を外に排出して新しい皮膚を作りだす働きを促進させることが重要となるのですね。

 

正中線を消す為のケアとしては保湿成分と美白成分の2つが配合されたクリームを使い美白を行っていくこととなります。

 

正中線クリームを選ぶポイントは3つ